運命数が「7」の人の性格とさまざまな特徴【カバラ秘数術】

こちらではカバラ秘数術で運命数が「7」の人の性格とさまざまな特徴について解説します。

 

 

 

運命数が「7」の人の性格

 

  1. 正義感が強く真理を求める
  2. 一匹狼で信られる相手としか関わらない
  3. 完璧主義で他人にも厳しい
  4. 頑固で一度決めたら曲げない
  5. 強運の持ち主で魅力的
  6. 感情表現をしない
  7. 真面目で固い
  8. 何事もはっきりさせないと気が済まない
  9. 意見をしっかりと持っている
  10. ルールやマナーを守る

 

 

正義感が強く真理を求める

正義感がとても強い性格なので、物事においては真理を追究する傾向にあるでしょう。

何事も正しく、確実にやり遂げたいという思いがあるので、ずるをしたりすることは絶対にありません。

なので、誰かがずるをしたり、さぼっているのを見ると、激しく苛立つはずです。

また、意味がない事は一切やらない性格なので、無駄な事や興味のない事には首を突っ込まないでしょう。

 

一匹狼で信られる相手としか関わらない

基本的には人と群れる事はせず、いつも1人でいる一匹狼なタイプで、本当に信じられる相手としか関わりません。

その為、初対面の人には感じが悪いと思われてしまう事もありますが、本人は全く気にしないでしょう。

交友関係はかなりせまいですが、信頼できる相手に対しては自分をさらけ出すことが出来ます。

1人でいる事に全く抵抗がなく、むしろ心地よいとまで感じているので堂々としているでしょう。

 

完璧主義で他人にも厳しい

どんな事も、必ず成功させたいという強い思いをもっており、また、完璧に仕上げたいという完璧主義者な性格をしています。

どのような状況においても一切手を抜く事はなく、常に全力で物事に取り組むでしょう。

いつもきちんとしていて完璧なので周りからの信頼も厚いですが、自分だけに厳しいのではなく他人にも厳しいので、面倒な人だと思われてしまう事もあります。

本人は完璧に仕上げたいゆえに口出しをしてしまうのですが、他人は他人というように割り切らないと自分がストレスを受ける事になるので注意しましょう。

 

頑固で一度決めたら曲げない

とても頑固な性格なので、一度決めたら絶対にその意見を曲げることはありません。

自分の考えに自信がありプライドを持っているので、どんなに周りが説得しようともそれは変わらず、変えるなどというのは論外なのです。

話し合いで賛同一致になっても、1人だけ反対の意見を主張し続けるなど、空気の読めない面もあります。

その頑固さで今まで自分の思い通りにしてきた部分もあると思いますが、周りからの反感を買いやすいので気を付けましょう。

 

強運の持ち主で魅力的

生まれ持った強運の持ち主なので、環境から人間関係から仕事から、何かと恵まれて生きてきたはずです。

個性が強く自分をしっかりと持っているので、独特でありながら魅力的なオーラを放っているでしょう。

頭が良いので気品があり、いつも落ち着いているのでそれが魅力に繋がっているのではないでしょうか。

直感も鋭いので何か決断をするときも判断が早く、また自然と正しい方を選ぶ事が出来ます。

 

感情表現をしない

自分の感情を表に出さないようにしているので、何を考えているのかが全く分かりません。

このように感情表現をしないので、喜怒哀楽も傍からみると分からず、例え怒っていても常に真顔で冷静に対応します。

しかし感情がないとうわけではなく、内なる感情は高ぶっている可能性もあり、それは本人にしか分かりません。

ニコニコしないので愛想は良くありませんが、独特な魅力があるので人を惹きつけるでしょう。

 

真面目で固い

何事にも真面目で考え方がとても固いので、なかなか柔らかい発想というのが出来ません。

その為想像力には乏しく、頭は良いものの何か新しい発見をする事はないでしょう。

物事に対して柔軟に対応できないタイプなので環境の変化を嫌い、1つの場所に留まり続ける傾向にあります。

あまりに真面目過ぎるので冗談が通じない事があり、ちょっかいをかけづらいタイプです。

 

何事もはっきりさせないと気が済まない

好き嫌い、勝ち負けなど、何事もはっきりさせないと気が済まないので、自分が気に入らない事があるととことん追求するでしょう。

その為、喧嘩の際には「どちらが悪いのか」をはっきりさせたがる傾向にあり、まるで裁判のように論理的に解決しようとします。

口が達者で頭も良いので、口喧嘩になると大抵の人は敵わず折れてしまうでしょう。

自分が悪かったとしても絶対に認めないタイプなので、喧嘩別れになる友人も多いかもしれません。

 

意見をしっかりと持っている

頭が良いので人とは違った意見をしっかりと持っており、主張する事が出来ます。

とにかく物事を成功させたい気持ちが強いので、普段は発言量が少ないですが、納得のいかない場面では思いっきり意見をぶつけるでしょう。

人に流されたり、意見が変わるという事は絶対にないので、確固たる信念を持っているとも言えます。

頭が良いので発言するだけでも影響力があり、話し合いは自分の思うように進めていく事が出来るでしょう。

 

ルールやマナーを守る

とても真面目な性格で正義感が強いので、ルールを絶対に破る事がありません。

時には常識やルールから抜け出してもっと柔軟に考える事も大切なので、もう少し頭を柔らかくしましょう。

また、マナーがしっかりしていて目上の人にも失礼な態度をする事がないので、上司には気に入られやすいでしょう。

知的なので、もとから年齢が上の人との付き合いが向いていると言えますね。

 

 

運命数が「7」の人の長所

とても真面目な性格なので規則や決まり事を破る事はなく、何事にも誠意をもって対応する事が出来るのが長所です。

観察力が鋭く周りの人が気づかないような事にまで気づくので、トラブルが起きた際に解決策を導きだすのも得意でしょう。

頭が良いので瞬時に状況を判断して分析し、正しい答えを導きだす事が出来る大人な人です。

 

運命数が「7」の人の短所

自分の考え方や行動に確固たる自信があるので、なんでも自分が正しいと思ってしまうところは短所と言えるでしょう。

価値観の違いに理解がなく、相手を自分の思うとおりにしようとする傾向にあるので支配的でもあります。

相手が何を考えているか、思っているかというところまで配慮がいかないので、無理をさせてしまう事もあります。

正論だったとしても、その場の空気や流れというものがあるので、無視して嫌われたり煙たがられる事があります。

 

 

運命数が「7」の人の恋愛傾向

 

ここからは、カバラ秘数術で運命数が「7」の人の恋愛傾向について解説します。

 

  1. 恋愛でも落ち着いている
  2. 基本的に受け身
  3. たまに機嫌が悪い
  4. なかなか好きになれない
  5. 理想が高い
  6. 恋人にも厳しい
  7. 恋人に執着しやすい
  8. 1人になる時間が必要
  9. 一方的にアプローチする場合もある
  10. 独身のままになる可能性が高い

 

恋愛でも落ち着いている

運命数が7の人は普段から人1倍落ち着いていますが、恋愛でも落ち着いた態度をしています。

何歳になっても恋愛トークというのは盛り上がるものですが、そのような場でも異常な落ち着きを見せるでしょう。

無関心というわけではないのですが、多くの人のように恋愛でキャーキャー言うタイプではありません。

 

基本的に受け身

自分から積極的にアプローチをするという事はまずなく、基本的には受け身なタイプです。

なので恋愛は成熟しにくく、また付き合ったとしても恋人に全力で愛を伝えられないので、愛されていないと勘違いされて別れてしまうパターンも多いでしょう。

恋愛を成熟させたり長続きさせるためにも、自分からアプローチをかける意識が大切ですね。

 

たまに機嫌が悪い

恋愛では自己中な面が見られるので、自分の思うように物事が進まない時は機嫌が悪くなります。

恋人には一切気を遣わないので、いつもはポーカーフェイスですが機嫌が悪くなると明らかに嫌な顔や態度をする傾向にあるでしょう。

本当はかまってちゃんなだけなのですが、上手くアプローチが出来ないゆえにこのようにわがままになってしまうのかもしれませんね。

 

なかなか好きになれない

そもそも、異性を好きになるまでには時間がかかるタイプなので、なかなか好きになる事が出来ません。

出会いもほとんどなく、恋愛への興味もさほどないので、人を好きになる事もあまりないのです。

相手が一生懸命アプローチをしてきてくれても、相手の事を信頼できるまでは関わろうとすらしないので、好きになるまではほど遠いでしょう。

 

理想が高い

自分が完璧だと思っているので、恋人を選ぶときも「完璧な人が良い」という高い理想を持っています。

その為なかなか理想通りの相手には会う事が出来ず、恋愛はかなり成熟しにくいタイプといえるでしょう。

恋愛相手には、自分が尊敬できるような相手を選ぶので、年上の人と付き合う事が多いはずです。

 

恋人にも厳しい

自分だけではなく他人にも完璧を求めるので、もちろん恋人にも完璧である事を求めます。

その為、付き合った相手に厳しくしすぎて負担になったり、ストレスを与えてしまっている可能性があるでしょう。

あくまでも、相手は相手、自分は自分ですから、自分の価値観やペースを押し付けないようにしてください。

 

恋愛に夢中になりやすい

恋愛にはそこまでの興味がないものの、実際に付き合いを始めると他の事が気にならなくなるくらい、恋愛に夢中になりやすいでしょう。

恋愛には数々の刺激があるので、それが運命数が7の人にとっては生きる意味になるのです。

いくらアタックしても興味をもってもらえない、、という場合でもめげずに、まずは信頼関係を築くことから始めれば、いつかは熱々の恋愛が出来るかもしれません。

 

1人になる時間が必要

恋愛では1人になる時間が必要なので、常に恋人とべったりくっついているのは苦手です。

そこに理解のない相手だと、窮屈に感じてしまうので、ストレスを受けやすいでしょう。

恋愛においては、ラフに相手と付き合っていきたいと思っているので、同じ考え方の相手だと上手くいきます。

 

一方的にアプローチする場合もある

普段は自分からアプローチするという事はありませんが、理想の相手と出会うと相手に夢中になってしまい、一方的にアプローチをする事があります。

この時、相手の気持ちなどは一切考えられなくなるので、相手にとって負担になる事があるため注意が必要です。

自分からアプローチをするのは恋愛において大事なことですが、行き過ぎてしまわないように気を付けて下さい。

 

独身のままになる可能性が高い

結婚願望というのはなく、また恋愛に積極的ではないので、独身にそのままなってしまう可能性が高いでしょう。

パートナーがいなくても一人で生きていけるタイプなので、結婚が人生の目標ではありません。

また、自由に生きたいと思っているので、結婚を急いだり強要する相手とはうまくいかないでしょう。

 

 

最後に

運命数が「7」の人の性格とさまざまな特徴について、カバラ秘数術の観点から解説しました。

 

独立的で一人でも生きていける強さを持っていますが、時には人の助けが必要になる事もあります。

チームプレイが必要だったり意見を合わせなければならない場面もあるので、もう少し柔軟になると人生がもっとうまくいくはずです。

 

この記事がよりよい人生を歩むための参考となれば幸いです。

 

関連記事

PAGE TOP