運命数が「6」の人の性格とさまざまな特徴【カバラ秘数術】

こちらではカバラ秘数術で運命数が「6」の人の性格とさまざまな特徴について解説します。

 

 

 

運命数が「6」の人の性格

 

  1. 人助けをするのが好き
  2. 完璧主義でこだわりが強い
  3. よく相談される
  4. 真面目で正義感が強い
  5. 物事を決断するのが苦手
  6. 空気が読める
  7. 滅多に怒らない
  8. 人に好かれやすい
  9. 家族を大切にする
  10. 本心を人に見せない

 

人助けをするのが好き

とても優しい心の持ち主なので、周りをみては困っている人がいないかと気にかけるでしょう。

人助けをするのが好きで、人の役に立ちたいと思っているので、いつも何かできる事がないかと考えています。

誰か困っている人がいるときは、自分の事よりもその人を優先させる傾向にあるでしょう。

お世話をするのも好きなので、多くの人のお世話役になっており、また、お母さん的存在になっているはずです。

 

完璧主義でこだわりが強い

どんな事でも完璧に仕上げたい、という思いが強く、また、物事へのこだわりも強いタイプでしょう。

このように完璧主義なので、途中で物事を投げ出したりしてしまうことがなく、最後まで完璧にきっちりとやり遂げます。

あまりに丁寧なので期日を過ぎてしまう事もありますが、それでもしっかりと終える事を優先させるでしょう。

他の人から見たらもう十分だと思われる事でも、自分が納得いくまでは取り組み続ける様子が見られます。

 

よく相談される

人のお世話や手助けを日常的にしている事もあり、頼りになる存在としてよく相談されるでしょう。

穏便でいつもにこやかなので話しやすいというのもあり、大切な事や深刻な悩みを打ち明けられることが多いです。

相談を真剣に聞く姿勢や、的確なアドバイスが出来るので、多くの人が相談役として頼りにしています。

相手の気持ちになって話を聞くことが出来るので、話している相手も心を開きやすいのです。

 

真面目で正義感が強い

真面目で正義感が強い性格なので、ルールや決まり事、規則をきっちりと守るタイプです。

その真面目さは周りから見ても分かるほどで、時には真面目過ぎて面倒だと思われてしまう事もあるでしょう。

このように真面目過ぎるゆえ、発想力が乏しくなったり、柔軟性に欠けるなどのデメリットがあります。

ルールや規則を守るというのは大事なことですが、もう少しゆるく考えたほうが生きやすいかもしれません。

 

物事を決断するのが苦手

何事にも慎重に、後先を考える性格なので、物事を決断するのが苦手で決断までには時間がかかるでしょう。

失敗したくないという思いが強いので、このように慎重になりすぎて即決できないのです。

例えそれが食事の選択であっても、人より決断が遅く迷いに迷ってしまうでしょう。

急かされて早く決断したとしても、結果として失敗したり後悔する事になるので、焦らないほうが良いです。

 

空気が読める

周りを良くみているので、その場の雰囲気や空気を察知し、空気を読んだ行動が出来ます。

このように空気が読めるので、人に迷惑をかけたりその場の雰囲気を悪くしてしまう事がありません。

人と協力したりコミュニケーションをしっかりと取るので、どこにいても馴染みやすく環境に適応できます。

また、今自分が何をしたらいいか、何をすべきかが分かっているので、状況に合わせた的確な行動が出来るでしょう。

 

滅多に怒らない

のんびりとしていて優しく穏便なので、感情的になる事はなく滅多に怒りません。

ただし、もし何か激怒をするような事があると、周りも思わずびっくりしてしまうほどの迫力があるでしょう。

いつもニコニコしていて穏やかなのでとても魅力的で、その優しさは雰囲気に現れているはずです。

ただし、我慢をしていたり自分の思っている事が言えないので、ストレスを溜めないように気を付けましょう。

 

人に好かれやすい

このように和やかな雰囲気がありおっとりとしているので、人に好かれやすいでしょう。

老若男女問わず人気があり、動物にも自然と好かれるタイプです。

人の為に何かを出来る人というのは、周囲の人も良く分かっており、尊敬しているはずです。

また、社会の為に、人の為に、何かの為に、ボランティアや奉仕活動に取り組むので多くの人から感謝されているでしょう。

 

家族を大切にする

家族を第一に考えておりとても大切にしているので、いつも両親や兄弟の事を気にかけているでしょう。

離れていてもお祝いの連絡は必ずするなど家族思いで、マメに連絡を取り合っては状況を確認し合います。

何か大事な事を決めるときは必ず家族に相談し、家族が反対するのであれば無理に押し通したりすることはありません。

周りの人から見ると親離れできていないようにも見えますが、自立心はしっかりとあるので一人でも生きていけます。

 

本心を人に見せない

相手の事を気遣うあまり、自分が本当に思っている事が言えなかったり、意志を伝えられない傾向にあります。

このように本心を人に見せないので、悩みを抱え込んでしまう事も多く、ストレスを溜めやすいので注意が必要です。

また、人からの相談には快く乗るものの、自分が相談できる相手がいないので余計に苦しむかもしれません。

時には相手に心を開き、自分の内面を見せる事も、親しくなるうえでは大切な事です。

 

 

運命数が「6」の人の長所

運命数が6の人の長所は、人の為に何かをしたり、周りを見て気配りができる点でしょう。

人が気づかないような細かい点や、見えない部分にまでしっかりと配慮できるので、一緒にいる相手も心地がよいはずです。

見返りを求めているわけではなので、自然にこういった行動ができ、周囲からも尊敬されています。

また、このように気配りが上手なので、仕事においても上司からも気に入られる事が多いでしょう。

 

運命数が「6」の人の短所

運命数が6の人の短所は、世話を焼きすぎてしまい相手をぐうだらにしてしまったり、時にお節介になってしまう点です。

相手が望んでいなかったとしても、自己判断で相手のお世話を焼いたり手助けをしてしまう事があります。

お世話を焼かれた側としては「頼んでいない」「自分でできるのに」と思われる事もあるので、注意が必要です。

あくまでも、お世話を焼いたり手助けをするのは、本当に困っている人だけにした方が良いでしょう。

 

 

運命数が「6」の人の恋愛傾向

ここからは、カバラ秘数術で運命数が「6」の人の恋愛傾向について解説します。

 

  1. 相手に尽くしがち
  2. 追われるより追うタイプ
  3. 一途で長続きしやすい
  4. 嫉妬や束縛をしやすい
  5. 友達から恋愛に発展しやすい
  6. 気が合う人を好きになる
  7. 愛情表現が少ない
  8. ネガティブに考えがち
  9. 恋愛のチャンスは多い
  10. 勘違いさせやすい

 

相手に尽くしがち

もともとお世話が好きで人の役に立ちたいタイプなので、相手にも尽くしがちな恋愛傾向にあります。

あまりにも相手のお世話をしたり尽くしていると、舐められて雑に扱われてしまう可能性や、相手が面倒に感じて離れていく事もあるので注意が必要です。

自分だけが相手に尽くすのではなく、相手も自分の事を大切にしてくれているかが重要なのです。

 

追われるより追うタイプ

基本的に積極性はありませんが、以外にも追われるより追いたいという恋愛のタイプです。

なので自分からアピールをする事も多く、好きな人に対しては特に優しくしたり尽くしたりするでしょう。

ただし、一生懸命になって相手にアピールしやっとの思いで手に入れると、手に入れたこと自体に満足して冷めてしまいがちです。

こうならないためにも、運命数が6の人を好きになった場合は、追わせつつもしっかりにおわせる必要があります。

 

一途で長続きしやすい

浮気や不倫をする心配はまずなく、一途に相手の事を思い続けるので長続きしやすいでしょう。

これまで付き合ってきた相手も、付き合った年月は長かったのではないでしょうか。

途中で喧嘩をしたりすることもありますが、穏やかな性格なので大きく衝突する事もなく、これも長続きの理由となっているでしょう。

 

嫉妬や束縛をしやすい

恋人ができると相手の事がとにかく気になってしょうがないので、今何をしているのか、誰といるのかを干渉しがちです。

また、それを知ったうえで、嫉妬してしまう事も多く、相手を束縛しやすいと言えるでしょう。

一途に恋人を思う気持ちは良いですが、干渉しすぎたり束縛したりとなると相手の負担になるので、くれぐれも気を付けましょう。

 

友達から恋愛に発展しやすい

一目ぼれをする事はあまりなく、どちらかというと相手と信頼関係を築き、友達になってから好きになるパターンが多いです。

自分の内面をなかなか人に見せることが出来ないので、相手の事を信頼できるようにならないと付き合うという事が出来ません。

運命数が6の人がすきな場合は、友達からが恋愛に一番発展しやすいので、まずは友達になって信頼関係を築くことを意識しましょう。

 

気が合う人を好きになる

自分と気が合う相手といると楽しく、その楽しさが恋愛感情へと繋がりやすいので、気が合う人を好きなる傾向にあります。

運命数が6の人にとって、気が合うというのは信頼にも繋がる事なので、恋愛において重要なポイントなのです。

趣味などでつながった人や、趣味が偶然合った相手には、運命を感じやすいでしょう。

 

愛情表現が少ない

付き合ってからは自分から愛情表現をする事が少なくなるので、相手を不安な気持ちにさせてしまう事があるでしょう。

本人は無意識かもしれませんが、相手はもう少し甘えてほしいと思っている事が多いので、相手に甘えたり愛情表現をしてあげて下さい。

一緒に寝る、抱き着く、手をつなぐなど、自分から相手に積極的にスキンシップを取るようにしましょう。

 

ネガティブに考えがち

恋愛においては基本的にマイナス思考なので、何事もネガティブに考えがちです。

なので、相手が「友達と遊んでくる」といっても信じることが出来ず、常に不安の渦の中にいるでしょう。

勝手に被害妄想をして、相手に当たってしまう事もあるので、十分に気を付けましょう。

 

恋愛のチャンスは多い

男女問わず仲良くすることができ、友達もとても多いので恋愛のチャンスは多いでしょう。

優しく穏やかでいつもニコニコしているので、異性からもモテやすくデートのお誘いも沢山受けているはずです。

人と出会う機会も多いので、色々な異性と出会い沢山の恋愛をしていくでしょう。

 

勘違いさせやすい

人当たりが良く誰にでも優しく接するので、相手を勘違いさせやすいともいえるでしょう。

誰にでも平等にお世話をしたり手助けをするので、異性の場合は「自分の事が好きなのかも」と思われてしまう事もあります。

恋人がいる場合は相手を不安な気持ちにさせてしまう事もあるので、気をつけなければなりませんね。

 

 

最後に

運命数が「6」の人の性格とさまざまな特徴について、カバラ秘数術の観点から解説しました。

 

とても暖かく人の事を思いやる事が出来る優しい人ですが、考えすぎて自分の意見が言えずに我慢してしまうのは良くありません。

日頃の行いから多くの人に好かれていますから、安心して発言して大丈夫です。

時には自分をさらけだして、自分の好きなように生きて下さいね。

 

この記事がこれからの人生を幸せに歩むための参考となれば幸いです。

 

 

関連記事

PAGE TOP