運命数が「9」の人の性格とさまざまな特徴【カバラ秘数術】

こちらではカバラ秘数術で運命数が「9」の人の性格とさまざまな特徴について解説します。

 

 

 

運命数が「9」の人の性格

 

  1. 直感が鋭い
  2. スピリチュアル精神
  3. 理想が高い
  4. 繊細な心の持ち主
  5. 静かだけど魅力的
  6. 人に尽くすタイプ
  7. 気分の浮き沈みが激しい
  8. 自分の内面を見せない
  9. 演技ができる
  10. 頭が良く知識を活かせる

 

直感が鋭い

運命数が8の人は、目に見えないさまざまな事に敏感なので、直感が鋭く当たりやすいでしょう。

また、周りの空気を読んだり場を和ませるのが得意で、いつも適切な行動をする事ができます。

何か迷ったときは直感に頼る事も多く、思い付きで行動した事でも何かと成功してきたはずです。

ただし、場の空気や流れを読みすぎてしまい直感とは違う行動をする事もあり、そうすると後悔しやすいので自分の気持ちに従いましょう。

 

スピリチュアル精神

直感が鋭い事もあり、占いや哲学などのスピリチュアルな世界を心から信じているでしょう。

そういった面に関して関心が高く、自身も目に見えない力を感じることが出来るので、職業として占い師や霊媒師になる方もいます。

潜在能力や霊といった、物質的に存在しないものを認めているので、周りからは少し変わっていると思われる事もありそうです。

こういった感覚の鋭さから、自然と正しい道を歩むことが出来たり、運命を味方にする力があると言えます。

 

理想が高い

物事を現実的に捉えないタイプで、理想が高くいつも大きな目標や夢を抱えているでしょう。

純粋で子供のような無邪気な面もあるため、大人になっても傍からみれば子供のような夢を語っている事があります。

周りからみるとその夢や目標は実現するような行動をしているように思えませんが、本人は直感に従って生きているだけなので、目指すべきゴールはしっかりと分かっています。

その為、周りから反対されるなど理解されない事もありますが、自分の理想の為に努力を続けるでしょう。

 

繊細な心の持ち主

とても素直なので、人の言ったことをすぐに信じたり受け入れる傾向にあります。

それが例え自分にとってマイナスな事でも深く受け入れてしまうので、ストレスや悩みを抱えやすいでしょう。

また、いつも周りの目や評価を気にしているので、噂話や愚痴を聞くと「自分もこういわれているのではないか」と不安になります。

一度傷ついてしまうと修復が難しく、なかなか立ち直れないのでそのようなときは周りのサポートが必要です。

 

静かだけど魅力的

自分を主張したり目立つタイプではないため、いつも集団の中ではひっそり静かにしているでしょう。

落ち着きがあり派手な人ではありませんが、どこかその静かな雰囲気に魅力があるので人を惹きつけます。

これにはスピリチュアル精神が強いというのも影響しており、独特なオーラを放っているでしょう。

穏やかでありながら信念を強く持っているため、いざという時にその信念が役に立ち周りからも関心されるはずです。

 

人に尽くすタイプ

常に「人の為に何かをしたい」と思っているので、困っている人がいないかどうか見渡しています。

人のお世話をするのが大好きで、子供や動物の子守りも得意でしょう。

ついつい感情移入してしまうので、悲しい話や辛い話を聞くと、思わず涙を流す場面もあるかもしれません。

優しい心の持ち主で人の為に何かを出来る人なので、周りからも厚い信頼を得ているはずです。

 

気分の浮き沈みが激しい

世の中のさまざまなものに興味を持つ傾向にありますが、飽き性でもあるので熱心に取り組んでいたと思ったらいつの間にか辞めていたなんてことがあるでしょう。

このような性格上、気持ちの浮き沈みも激しく元気だったかと思えばちょっとしたことでテンションが下がってしまう事があります。

機嫌が良いときと悪いときでは明らかに態度が違うので、周りから見ても今どんな気分でいるのかが丸わかりです。

気分の上下によって、周りや相手を振り回しがちなので、意識したいところですね。

 

自分の内面を見せない

人に自分の内面を見せるのが苦手で、基本的には本当に信頼した相手にしか内面を見せることがありません。

人にどう思われるのかを恐れているため、素直に自分の感情や意見を言えない傾向にあるのでしょう。

その為、本当に自分のやりたい事が出来なかったり、方向性を間違えてしまう事が多々あります。

集団の中では特に周りに流されっぱなしなので、時には自分を出して意見を言う事も大切ですよ。

 

演技ができる

このように自分の感情を隠して周りに見せようとしないので、周りの人も全くその様子に気が付きません。

上手に自分の感情を隠す演技が出来てしまうため、たとえ何か悩みや納得いかない事があったとしても、そのままになってしまいます。

親しい相手であっても、その演技に気が付くまでには時間がかかるので、手遅れになってから気が付く事が多いでしょう。

やりたい事は主張し、自分の内面をさらけ出せば、もっと人間関係が上手くいくはずです。

 

頭が良く知識を活かせる

もともと頭が良いので、一度見たり聞いたりした事はしっかりと記憶しているタイプでしょう。

また、要領が良くなんでも器用にこなせるので、どんな仕事でも活躍できると言えます。

今まで得た知識や経験を頭の中でフル回転させて、最善の案や新しい案を生み出す能力に長けています。

アイデアも豊富に思いつくので、そういった頭を使う仕事が向いているかもしれません。

 

 

運命数が「9」の人の長所

 

運命数が9の人の長所は頭が良いので理解力も高く、なんでも受け入れることが出来る器の大きさを持っているので、自分の感情だけで物事を判断してしまわない点でしょう。

自分の思い込みで物事を見てしまう事もないので、どんな意見であっても批判する事がありません。

相手の意見や考えを冷静に聞いて親身になって相談に乗るので、多くの人から信頼されており相談も受けやすいでしょう。

 

運命数が「9」の人の短所

短所は、自分を出すのが苦手なので意見を言わなければならない場面でも言えなかったり、ない事にしてしまうところです。

自分を押し殺しすぎるあまりストレスが溜まり、余計に感情が上げ下げしやすいので気を付けましょう。

周りの事を気にしすぎないという事も、時には必要な事なのです。

 

 

運命数が「9」の人の恋愛傾向

ここからは、カバラ秘数術で運命数が「9」の人の恋愛傾向について解説します。

 

  1. 恋人にも本音が言えない
  2. 良き妻になる
  3. 基本的に受け身
  4. 尽くしたい
  5. 素直な人が好き
  6. 一目惚れしない
  7. 理想が高い
  8. 一途に想う
  9. 細かいところを気にする
  10. 心から分かり合いたい

 

 

恋人にも本音が言えない

信頼しているとはいえ、恋人にもなかなか本音を打ち明ける事が出来ません。

結局自分が相手に流されてしまうので、いつまでも相手にこうしてほしい、こうしたいといった要望を伝えられず不満を抱えやすいです。

相手に嫌われるのではないかという思いが強いので、余計に恋人には本音が言えないのかもしれません。

それくらいの事で関係が壊れるのであれば、それは本当の関係とは言えないので、勇気を出して本音を話してみて下さい。

 

良き妻になる

家事から何から、何事も器用にこなせるので良き妻になるでしょう。

相手の事をサポートしたいという気持ちが強いので、このように身の回りのお世話に徹します。

相手のために何かをするのは良い事ですが、なんでもかんでもやってしまうと家政婦のような存在になってしまうので気を付けましょう。

 

基本的に受け身

自分から積極的に行動するという事はなく、基本的には受け身なので恋愛においてアプローチをかける事はしません。

相手からのアピールがないと好きという感情を表さないので、なかなか恋愛が成熟しにくいと言えます。

また、付き合った後も相手がリードしてくれないと、永遠に平行線の恋愛になってしまうでしょう。

ゆっくり歩んでいくのもいいですが、婚期だけは逃さないように気を付けましょう。

 

尽くしたい

相手に尽くしたいタイプなので、何かをお願いされると喜んでやってしまいます。

その為、「都合のいい相手」になりやすく、悪い人に利用されやすいので注意が必要です。

相手に何かをしてあげるときは、本当に相手の為になるかどうかを考えてから行動するようにしましょう。

 

素直な人が好き

自分がなかなか内面を見せられない性格なので、素直な相手に好意を寄せやすいと言えます。

なんでも自由に発言していたり、行動している人に魅力を感じサポートしたいという気持ちがわいてくるでしょう。

内面は無邪気な心を持っているので、素直な相手との相性も抜群に良いのです。

 

一目惚れしない

何事においても慎重なので、一目惚れで人を好きなる事はまずないでしょう。

また、一目惚れをしないだけではなくなかなか人を好きにならないので、恋愛経験は少ないはずです。

人間関係が狭く、異性との繋がりも少ないので、関りがないのも一目惚れや好きな人が出来ない原因となっています。

もし恋愛をしたい場合は、積極的に大勢の人がいる場に顔を出すようにすると良いでしょう。

 

理想が高い

もともと考え方が理想主義であるため、異性に求める理想も高くなっています。

「こういう人が良い」という強い信念を持っているので、これもなかなか人を好きになる事が出来ない原因となっているでしょう。

目の前にいいなと思うような相手が現れても、警戒心が強く自分の理想通りの相手かついつい判断してしまうので、恋愛の機会を逃しがちです。

 

一途に想う

好きになった相手の事は長く一途に想うタイプなので、一度好きなると諦めずに思い続けます。

自分からアプローチするという事はまずないものの、強い気持ちは抱いているのです。

また、直感で判断する事が多いため、「この人だ!」と思った人の事は絶対に離さないでしょう。

長い恋人関係を得て、結婚にそのままゴールインするパターンが多いです。

 

細かいところを気にする

繊細な性格ゆえ、物事の細かいところにこだわる性格なので、相手ががさつだととても気になるでしょう。

細かいところを気にするので、相手に面倒だと思われてしまう事も多く、そういった面で負担をかけやすいです。

丁寧に、完璧に仕上げたいといった気持ちは大事ですが、長続きさせるためには相手に強要しない事が大切です。

 

心から分かり合いたい

付き合った相手とは、心から分かり合いたいと思っているので、自分の内をさらけ出せるようになるまでは時間がかかりますが、本心で向き合おうとしています。

また、相手の事を好きになる前に、価値観が合うかどうか、どんな人なのかを見定める傾向にあるでしょう。

しっかりとしている尊敬できる相手に好意を持ちやすいので、もしそのような相手だと分かるとそっと近づいていきます。

 

 

最後に

運命数が「9」の人の性格とさまざまな特徴のついて、カバラ秘数術の観点から解説しました。

 

とても慎重な性格で考えすぎてしまうので、自分の思うようにいかない事の方が多いかもしれません。

もっと人生を楽に、自由に楽しむためにも、自分をさらけ出す練習が必要ですね。

 

恋人や友人と長く関係を保つためにも、相手を信頼し自分の悩みを打ち明けることが大切です。

不器用なところもありますが、穏やかで優しい人なので常に周囲には人がいるでしょう。

そのような人たちに助けてもらうようにすれば、何事も乗り越えられるはずですよ。

 

 

 

関連記事

PAGE TOP