動物占いで相性をチェック!【各動物の相性良し悪しまとめ】

動物占いはその人の生年月日をもとにして12種類の動物に分けたもので、四柱推命の考え方を引き継いだ占いの方法です。

良く当たる占いとして知られており、一度はあなたも「自分がどの動物なのか」を占ったことがあるのではないでしょうか。

 

こちらでは動物占いで分けられる、猿、チーター、クロヒョウ、ライオン、虎、たぬき、コアラ、ゾウ、ひつじ、ペガサス、狼、こじかの12種類の相性をチェックしていきます。

それぞれの相性のいい動物・悪い動物をご紹介するので、是非参考にしてください。

 

 

 

さるタイプと相性のいい動物・悪い動物

さるタイプの人は動物占いの動物の中でも、にぎやかな場所が大好きで活発な性格をしていると言われています。

何事も器用にこなすことができますが、じっとしているのが苦手です。

このような猿タイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はひつじとこじか

おだてられるとついつい嬉しくなってしまう、さるタイプの人と相性がいい動物は、ひつじとこじかです。

ひつじタイプの人はとても寂しがり屋なので、誰にでも気さくに話しかけ元気なさるタイプの人との相性が抜群です。

また、さるとひつじは結婚相手としてもぴったりと言えます。

可愛らしい雰囲気の、かまってちゃんのこじかタイプの人も、さるタイプの人との相性がとても良いでしょう。

特に男性がさるタイプ、女性がこじかタイプだとお互いに求め合うので、理想的な組み合わせです。

 

相性の悪い動物はペガサスとライオン

さるは誰にでも分け隔てなく接する事ができますが、そんなさるタイプの人と相性が悪い動物がいます。

それはペガサスとライオンで、ペガサスタイプの人の場合は自由人なので、さるに話しかけられても無視してしまう可能性があります。

無視されると、さるタイプの人は強い不安感を抱いてしまうので、相性が良くありません。

また、言ったことに反応がないと不安になってしまうさるにとって、ライオンタイプの人は完璧主義で細かな説明をしないので、相性が悪いです。

ですが、しっかりコミュニケーションがとれてさえいれば、問題ないでしょう。

 

チーターと相性のいい動物・悪い動物

チータータイプの人は行動が素早く、負けす嫌いでプライドが高い性格をしています。

恋にも仕事にも情熱的に突っ走り、何事に対しても相手より先に出て、優位に進めていきます。

このようなチータータイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はペガサスとぞう

チーターと相性のいい動物は、華やかで自由人なペガサスタイプの人と、信念が強くマイペースなぞうタイプの人です。

ペガサスタイプの人はチーターと似ている面があるので、お互いに気があったりよきライバルになる可能性があります。

また、ぞうタイプの人は、自分の考えをしっかりと持っていてマイペースなので、お互いの関係を尊重し合う事で上手くいくでしょう。

時には反発しあう事もありますが、お互いにどこか放っておけない存在になるはずです。

 

相性の悪い動物はチーターと黒豹

チーターと相性の悪い動物は、同じチータータイプの人と黒ヒョウタイプの人です。

チータータイプの人とはお互い負けず嫌い同士なので、まず譲るという事をしません。

自分の短所を見ているかのように嫌な部分が気になるので、同族嫌悪になったり興味がわかなかったりするでしょう。

また、黒ヒョウタイプの人はリーダーシップをとりたがるので、プライドの高いチーターとは相性が良くありません。

他の人を利用してでも自分が這い上がろうとする黒ヒョウに対して、チーターはそれよりも行動が早いので、手法が通じず邪険な存在となる可能性が高いでしょう。

 

黒ヒョウと相性のいい動物・悪い動物

黒ヒョウはリーダーシップをとるのが好きで、プライドの高い性格をしています。

周囲にも一目を置かれている事が多く、みんなを引っ張っていく存在です。

このような黒ヒョウタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はぞうとさる

黒ヒョウタイプの人と相性が良い動物は、ぞうタイプとさるタイプの人です。

黒ヒョウは、スマートでリーダーシップがありプライドが高いのに対して、ぞうタイプの人はマイペースなので相性が良いでしょう。

ぞうタイプの人は目標を達成する能力が高いので、ときに行動的になり、黒ヒョウを仕事の上でリードして成果を出すことができます。

また、さるタイプの人は人あたりが良くどんな動物とも上手く付き合っていく事が出来ますが、黒ヒョウのプライドを持ち上げるのが得意なので、お互いにとって良い関係を築けます。

 

相性の悪い動物は黒豹とチーター

黒ヒョウはリーダーシップを取りたがりプライドが高いため、同じ黒ヒョウタイプの人とは相性が良くありません。

どちらが主導権を握るかで対立してしまう可能性が高いでしょう。

同じように、チーターもプライドが高いので対立してしまいがちです。

そのため、黒ヒョウが不快に思っていしまい、関係が上手くいかないでしょう。

 

ライオンと相性のいい動物・悪い動物

ライオンタイプの人は、我が道を進み、人に弱みを見せることがありません。

このようなライオンタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はぞうとたぬき

ライオンタイプの人と相性がいい動物はぞうタイプの人とたぬきタイプの人です。

ライオンタイプの人は弱みを見せることがない完璧主義な性格をしているので、色々なことを成し遂げる能力に長けています。

なのでそのような面で、目標を努力で成し遂げる能力のあるぞうと理解し合えるため、物事がスムーズに進み相性がいいです。

また、たぬきタイプの人はいろいろな面を持っているので、ライオンの扱いにもとても慣れています。

ライオンの気分を良くすることができるので、相性もばっちりです。

 

相性の悪い動物はライオンとペガサス

ライオンタイプの人と相性が悪い動物はライオンタイプの人とペガサスタイプの人です。

ライオンタイプの人は、自分が一番でないと気が済まない性格をしています。

なので同じライオンタイプの人とは張り合う事が多く、対立してしまうので相性が悪いです。

また、ペガサスタイプの人は自由で天才肌ですが、利益を優先するライオンに対して嫌悪感を抱く可能性があります。

ライオンは世間体や人の目を気にするので、自由で独独の世界を持っているペガサスとは性格が合わないのです。

 

とらと相性のいい動物・悪い動物

とらタイプの人は、ゆったりとしていて落ち着いている虎と同じような雰囲気を持っています。

また、面倒見の良い面があり、周囲からも親しまれているでしょう。

このようなとらタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はひつじと黒ヒョウ

とらタイプの人と相性のいい動物はひつじタイプと黒ヒョウタイプの人です。

とらは面倒見が良く社交的な性格をしているので、同じように社交的が高く群れる事を好むひつじタイプの人と相性が良いです。

また、とらは面倒見がいいものの抜けている部分もあるので、そのような部分をひつじがフォローしてくれます。

黒ヒョウタイプの人は、感情的になる部分もありますが、とらが上手く受け止めてあげる事ができます。

そのため、仕事の面でもとらと黒ヒョウは相性が良く、最高のパートナーとなるでしょう。

 

相性の悪い動物はぞうとこじか

とらタイプの人と相性の悪い動物は、ぞうタイプとこじかタイプの人です。

ぞうタイプの人は人間関係がさっぱりしているので、まず恋愛には発展しません。

また、とらは独占欲が強く結婚を前提に付き合いを考えるタイプなので、相手を知ってから慎重に結婚について考えたいこじかタイプの人とは考え方が合わないでしょう。

こじかタイプの人は周りから可愛がられる性格なので、とらタイプの人は嫉妬してしまいがちです。

なので、友達や恋人として付き合っていても長く続かず、結婚に至る可能性はほぼはないでしょう。

 

たぬきと相性のいい動物・悪い動物

たぬきタイプの人は、愛想が良く誰からも可愛がられる性格をしています。

色々なキャラクターになる事が出来るので、交友関係も広いでしょう。

このようなたぬきタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はこじかとチーター

たぬきタイプの人と相性のいい動物はこじかタイプとチータータイプの人です。

こじかタイプの人は誰からも愛されるキャラなので、本質的にもたぬきタイプの人と似たようなものをもっています。

そのため相性が良く、こじかの我がままで甘えん坊な面も、たぬきにとっては可愛いと思えるでしょう。

また、チータータイプの人は自己主張が強く積極的ですが、たぬきはそのような面を吸収し受け入れる性質を持っています。

なので不思議と会話が盛り上がり、親しい関係になっていくでしょう。

 

相性の悪い動物はライオンと黒ヒョウ

たぬきタイプの人と相性の悪い動物は、ライオンタイプと黒ヒョウタイプの人です。

ライオンタイプの人は自己中心的なので、たぬきの誰からも愛され可愛がられる様子を見て、嫉妬してしまい、相性が悪いです。

また、黒ヒョウタイプの人は自分を大きく見せたがるのでお高くまとっており、自然なたぬきに対して物足りなさを感じる面があるので、ぶつかり合う事があります。

 

コアラと相性のいい動物・悪い動物

コアラタイプの人は、自分の時間を大切にしゆっくりゆったりと過ごすタイプです。

このようなコアラタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はコアラととら

コアラタイプの人と相性のいい動物はコアラタイプととらタイプの人です。

コアラタイプの人は基本的に快楽主義なので、同じような生き方のコアラと精神面でもがっちり繋がれる、仲の良い存在となるでしょう。

また、とらタイプの人は他人を思いやり、積極的にリードしてくれるので、頼もしさや親しみやすさを感じます。

リードしてくれるとらに惚れてしまうコアラタイプの人も少なくなく、結婚に至るカップルも多いです。

 

相性の悪い動物はチーターと小鹿

コアラタイプの人と相性の悪い動物は、チータータイプとこじかタイプの人です。

チータータイプの人は、出だしが早くスピード勝負な面があるのに対し、コアラは自分の時間やペースを大切にしているので、そもそもの考え方が違います。

価値観が全く合わないので、あまり関わるのは避けた方がよさそうです。

また、こじかタイプの人は依存心が強く、のんびりと生きるコアラと同じような面も持っています。

親近感はあるもの、2人で何か決めようとしてもなかなか決断できず、お互いに頼りなさを感じてしまうでしょう。

 

ぞうと相性のいい動物・悪い動物

ぞうタイプの人は、強い信念を持っているので、一度決めた目標に向かって努力し成し遂げる力があります。

このようなぞうタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はチーターとペガサス

ぞうタイプと相性のいい動物は、チータータイプとペガサスタイプの人です。

チータータイプの人は行動の速さがウリとなっていますが、どっしりとしたゾウタイプと速さのペースは違うものの、地道に目標を達成しようとする面は同じです。

なので、互いの長所を生かしあって、仕事や恋愛でも欠点を補い良好な関係を築けるでしょう。

また、ペガサスタイプの人は自由人なので、人を見極める能力に長けていて社交性の高いぞうとも相性が良いです。

ぞうは天才肌の持ち主なので、自由に動くペガサスにも合わせることができます。

 

相性の悪い動物はライオンとコアラ

ぞうタイプの人と相性の悪い動物は、ライオンタイプとコアラタイプの人です。

ライオンタイプの人は完璧主義者なので、目標に向けてコツコツと努力するぞうとは相性が良くありません。

両者が行う仕事であればよいものの、恋愛関係となると上手くいかなくなってしまいます。

特にライオンは派手な見た目の人を好む傾向にあるので、まじめなぞうとは気が合いません。

また、コアラタイプの人は穏やかで、ぞうと同じような性格をしていますが、コアラはマイペースです。

ぞうは地道にコツコツと努力を続けるタイプなので、考え方や行動が合わないことがあるでしょう。

その為、一緒にいるとストレスを感じてしまう事が多いです。

 

ひつじと相性のいい動物・悪い動物

ひつじタイプの人は、群れるのが好きで寂しがりやな性格をしており、人懐こいです。

このようなひつじタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はさるとチーター

ひつじタイプと相性のいい動物は、さるタイプとチータータイプの人です。

さるタイプの人は、ひつじ同様に集団行動をするので、尽くすタイプのひつじがさるの行動を見守り、お互いに良い結果を生み出します。

また、チータータイプの人は行動が素早くプライドが高いので、ひつじとは正反対の性格をしていると言えます。

しかし、逆に互いの持っていない部分に惹かれるので、相性が良いです。

 

相性の悪い動物はペガサスとライオン

ひつじタイプと相性の悪い動物は、ペガサスタイプとライオンタイプの人です。

ペガサスタイプは自由人で、人と常に一緒にいる事を好まないので、寂しがり屋で常に群れているひつじとは性格が合いません。

また、ライオンタイプの人は頑固なので頑固同士になってしまい、譲りあう事がなくぶつかり合います。

もしどちらかが譲ったとしても、ストレスになってしまうでしょう。

 

ペガサスと相性のいい動物・悪い動物

ペガサスタイプの人は、自由人なので束縛される事を嫌います。

また、天才レベルのひらめきをすることがありますが、他人に理解されることが少ないので、不思議な人だと思われているでしょう。

このようなペガサスタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はたぬきとこじか

たぬきタイプの人は、ペガサスと価値観が似ているので相性が良いです。

特にたぬきは人に合わせるのが得意な為、天才肌のペガサスの思考も理解してくれます。

また、こじかタイプの人は依存心が強いので、自立しているペガサスタイプの人に憧れます。

なので恋愛においても、ペガサスがこじかをリードしていくでしょう。

 

相性の悪い動物はとらと狼

とらタイプは面倒見の良い性格をしていますが、自由人であるペガサスとはうまく分かり合えません。

なので、ペガサスの人によってはうっとおしく感じてしまうでしょう。

また、オオカミタイプの人は、自分の世界を持っているので、同じように自分の考えを持っているペガサスタイプとは波長が合わないでしょう。

 

オオカミと相性のいい動物・悪い動物

オオカミタイプの人は、自分の考えをしっかりと持っており、群れずに過ごします。

このようなオオカミタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物はオオカミとさる

オオカミタイプの人には同じような考えを持つ、自分を理解できるオオカミ同士の相性が抜群です。

なのでオオカミが持つ独特な価値観も分かり合う事ができ、居心地が良いでしょう。

また、さるタイプの人は何事にも熱心に取り組むところが似ているので、同じような価値観を感じることができ、相性が良いです。

 

相性の悪い動物はチーターとコアラ

チータータイプの人は、好奇心旺盛で新しいものが好きなので、オオカミにとっては中身のないうっとおしい存在に映るでしょう。

また、コアラタイプの人はサービス精神が旺盛なので、自分を貫くタイプのオオカミとは馬が合いません。

なので、もしコアラとオオカミが恋愛関係になると、コアラは愛情不足を感じるかもしれません。

 

こじかと相性のいい動物・悪い動物

こじかタイプの人は、基本的に受け身で依存心が強い性格をしています。

このようなこじかタイプの人と相性がいい・悪い動物を見ていきましょう。

 

相性のいい動物は黒ヒョウとライオン

黒ヒョウタイプの人は、気をつかう事が出来るので、お互いに心地よい関係を築くことができます。

似た者同士なので、一緒にいて安心できるでしょう。

ライオンタイプの人は、誰からも愛される可愛らしいこじかとの相性がばっちりです。

 

相性の悪い動物はとらとぞう

とらタイプの人は面倒見がいいのでこじかをリードしてくれますが、支配的に感じる部分があるでしょう。

こじかに対して物足りなさを感じる部分が多く、両者が離れていく事が多いです。

また、ぞうタイプの人はどっしりとしていて落ち着いているので、こじか側が惹かれ愛情表現をしてきますが、ぞうにとってはうっとおしく感じるでしょう。

 

関連記事

カテゴリ別人気記事一覧

PAGE TOP