【オーラ診断・鑑定】黒色のオーラを持つ人の特徴と見分け方

黒色と言えば、暗闇や悪魔などの何か恐ろしいものをイメージする人が多いでしょう。

邪悪な印象がある黒色ですが、視点を変えると美しさやクールさも兼ね備えた魅力的な色だと言えます。

 

そんな、黒色のオーラを持つ人にはどのような特徴が見られるのか、その見分け方についてオーラ診断・鑑定の結果から解説したいと思います。

 

 

 

黒色のオーラを持つ人の特徴と見分け方

暗闇に包まれているかのようなそんな印象を受ける色ですが、この黒色のオーラを持つ人にはどんな特徴があるでしょうか。

早速確認していきたいと思います。

 

  1. 周りの人に癒しを与える効果がある
  2. 個性的で自分をしっかりと持っている
  3. 感情の起伏が激しい
  4. マイナス感情が強くなることがある
  5. 意志がはっきりしている
  6. 気づかない間に体調不良を起こす
  7. 周りを引き立てる力がある

 

周りの人に癒しを与える効果がある

色のイメージが強いので意外に感じるかもしれませんが、実は黒色は人を癒すことができるパワーを持っています。

また、このオーラをまとっている本人も癒されたいと思っており、それが周囲に蔓延して結果的に一息つくことができるのです。

 

体調不良時にも黒のオーラが出る場合がありますが、これは休むべきだという暗示だけではありません。

このオーラを持っている人の周囲は悪い気が飛んでいくので、本人だけでなく周りをも癒すことができるというわけです。

こうして周囲の人たちは、一緒になって心身をゆったりと休ませることが出来るのです。

 

なので黒色のオーラを持つ人の付近にいるとなんだか体が軽くなったような、楽になったような気がするのは悪い気を追っ払っているからなのです。

悪い気を払う事の効果は癒しだけではなく願い事を成熟させる効果もあるので、願望や理想が叶いやすくなると言われています。

オーラを持っている本人はもちろん、周りまで幸せにできる力があるはずです。

 

個性的で自分をしっかりと持っている

人からみて自分勝手だと思われるくらい、どんどん我が道を突き進み行動するタイプです。

また、周囲も一緒に巻き込み物事を進めるので「なんて自己中な人なんだろう」「人の事は考えられないのか」と思われる事も多く、恨まれる事もあります。

 

実際に個性的で自分の信念をしっかりと持っており、とても活動的で理想を叶えることができる力を持っているので、このような事は多々起こります。

自分のやりたいように思ったように物事を進行できるのは素晴らしい事で、陰口を恐れて消極的になってしまうのはもったいないです。

人から嫌な態度をされたりヒソヒソと話されるのは生きていれば誰でも経験する事ですから、理想や目標への道を妨げられるのだけは阻止するようにして、後は気にしないでいいでしょう。

 

自分の理想や目標のためには何でもやり方を問わず突き進んでしまうので、周りからも大きな反感を買いやすいです。

大きな反感を買うようになると、理想や目標への道を妨げられかねないので、信頼できる人に自分が自己中心的になりすぎていないか客観視してもらうようにしましょう。

 

また、自分で少しでも自分本位になっている意識があるのであれば、物事を進める前に話を始める前に「相手がどのように考えるか」を考え、そこで何か気づきがあれば相手の事を考えた内容に変更するなどの対策とると良いでしょう。

全く別の方法や対策を生み出す能力も持っているので、これにより考え方の幅が広がったり見えてこなかった世界を知るきっかけになるはずです。

 

感情の起伏が激しい

周りに癒しの効果を与えることができる反面、自分のやりたい事は迷わず突き通すというパワーも持っており、なんだか反対の面があるように感じませんか?

これは黒色のオーラの特徴的な部分でもあり、不思議な雰囲気を持っているのもこのためです。

 

いつもは冷静で静かな印象があり落ち着いていますが、自分の欲のためとなると急に活発になりだし、ずかずかと行動しだす様子に周囲も二面性のようなものを感じるかもしれません。

これがどんどんとヒートアップすると、明らかに今までの黒のオーラの癒しとは違った欲深い部分が漂い始めます。

このまま突き進んでしまうと、悪い結果が続くので一旦心身を休めることが大切です。

 

このように感情の起伏が激しい面がありますが、休みを挟んであげる事ですぐに落ち着きを取り戻し、癒しを得ることができるでしょう。

 

マイナス感情が強くなることがある

前述でも解説したように、感情の起伏が激しくマイナスの感情が強くなりやすい傾向にあります。

このようにマイナス感情が強くなる原因は主に二種類で、

  • 嫉妬や怒りに敏感で強いマイナスの感情を引き寄せるから
  • 心身が疲れ切っており休みが必要だから

というのが主でしょう。

 

嫉妬に関しては性格上特にしやすいので、嫉妬が辛いからといって「嫉妬しないようにしよう」と思っても余計にマイナス感情が強まってしまいます。

なので、対処法としては嫉妬しないようにするのではなく「もとから嫉妬しやすいのだからこれは自然なことなんだ」と割り切る事が大切です。

こうする事でストレスも溜まりにくくなり、マイナス感情も収まっていくでしょう。

 

強い感情に悩まされる事が多いですが毎日を楽しく過ごすためにも、自分でどう考えたら楽になれるのか対処法を模索してみると上手く過ごせるようになるはずです。

 

意志がはっきりしている

基本的に自分中心の考え方で自分中心に突き進んでいきますが、それは自分の信念をしっかりともっており意志がはっきりとしている性質からです。

また、嫉妬される事や恨みを買う事も多いですが、それは自由に何でも発言し行動できる事をうらやましく思っているからでしょう。

周囲からみると、他の人とは違った異質ですごい存在に映っているはずです。

 

このように嫉妬しやすく嫉妬されやすいので気持ちが落ち込みやすくなりますが、理想や目標を叶えるパワーを持っているのですから自分に自信を持ちましょう。

負の感情に負けず、自分の信念や意志を思い出すことが大切です。

持っている力を大いに発揮するためにも、いつまでもマイナス感情に捕らわれるのはもったいないですよ。

 

気づかない間に体調不良を起こす

実は他の色のオーラを持っている人も、黒色のオーラに変化する事があります。

これは、その人が何か悪い気を持ってしまっている証です。

なので心身のバランスをもとに戻し、調和させなければなりません。

 

大概の場合は何かだるかったり、頭が痛かったり、病気をしているなどの体調不良で変化します。

しかしそれ以外にも、不運が続く場合や不眠、何かすっきりしないときなどに黒いオーラが見られることがあり、これは悪い気を持ってしまっている状態でしょう。

この場合はとにかくゆっくりして、体を労わってあげる事が最優先されます。

 

周りを引き立てる力がある

日常生活でも無彩色である黒色は、有彩色を引き立たせてくれる効果がありますね。

他の色がきれいに見えたり、目立って見えたりするのは黒のおかげでしょう。

 

同じように、オーラでもこのような現象が起こります。

黒いのオーラを持つ人は他の人の能力を引き出したり、魅力を引き出すパワーを持っているのです。

他の人の良い面を前面に引き出すことが出来るので、一緒にいる人は元気や自信が自然とわいてくるでしょう。

これが、黒色の癒しの効果の表れにも繋がっているのです。

 

本人は周りを癒そうと思っているわけではなく、ただ一緒にいるだけでこの効果を発揮できます。

なので気づかないうちに周りも自分も幸せになっているという事が多いでしょう。

 

 

黒色のオーラを持つ人の恋愛傾向

自分の理想や目標を叶えることができるパワーを持っているものの、恋愛においてはどのような傾向や特徴が見られるでしょうか。

黒色のオーラを持つ人の恋愛傾向を見ていきましょう。

 

  1. 裏表が激しい
  2. 恨み深い
  3. 負けず嫌いゆえに衝突しやすい
  4. 抑圧感
  5. 恋愛は二の次

 

 

裏表が激しい

前述したように、周りの人を癒す効果もあればその反面で、自分のやりたい事だけに夢中になり自己中になる面もあり、裏表が激しい人だと思われやすいです。

初めはその不思議なオーラと魅力に多くの異性が近寄ってきますが、付き合ううちに感情の起伏が激しくなり、付き合ってみたら違ったなどという理由で別れを告げられかねません。

静かで落ち着いた人だと思っていたら、いきなり欲深くがつがつになったり、自分の思い通りに物事を動かそうとする姿を見て、相手が引いてしまう事があるので気を付けなければなりません。

 

恨み深い

もともとマイナス感情が増幅しやすい性格なので、過去の恋愛などで浮気をされていたり一方的に振られた場合は、深い恨みを持つことがあります。

恨みや妬みといったマイナス感情を綺麗に水に流す事が出来ない性格なので、長年その恨みは消えないでしょう。

ただしいつまでもマイナス感情を抱いていても何も変わらないので、そのパワーを良い方向に向けられると良いですね。

 

負けず嫌いゆえに衝突しやすい

負けず嫌いな性格なので、恋人と喧嘩になった際も「絶対に負けたくない。負かしてやる。」と戦う気が満々になってしまいます。

その為喧嘩がどんどんヒートアップし、喧嘩が終わったとしても恋人との間に大きな溝が出来てしまう可能性がありあす。

また一度大ゲンカするとその後も喧嘩が絶えなくなってしまい、結局別れてしまう事になります。

このように絶対に負けたくないという気持ちは喧嘩では必要ありません。

相手の気持ちも汲み自分の意見も伝えたうえで、両者が納得し合えば丸く収まるのですから、勝ち負けと考えるのをまず辞めることが大切です。

 

抑圧感

感情が暴走している自覚はあるので、自分を抑えよう抑えよう、感情を押し殺そうという気持ちが強くなってしまい、て自分を抑えすぎてしまう事があります。

また、劣等感や不満を抱きやすく、自己表現が苦手なのでそのあたりのストレス発散ができません。

なので、恋愛の為に「相手にどう思われたいからこうすべき」という考え方ができず、上手く相手と付き合う事が出来ない事が多々あります。

あまりにも自分を抑えると相手にも伝わらず不満だけが溜まってしまい、いつか限界がきて大爆発なんてことに持なり兼ねないので、抑制しすぎないように楽に付き合っていきましょう。

 

恋愛は二の次

実際のところそこまで恋愛に重きを置いていないので、積極的に恋愛をしたいという気持ちはなく、出来たらいいやくらいの軽い気持ちです。

なので、出会いの場に自分から行く事もなければ紹介をしてもらう事もないので、なかなか恋愛に発展しません。

本人もそれを不満に思っていないのですが、恋人と付き合っている場合は「早く結婚したい」と考える人が多いので、なかなか結婚しない事に対して不満をこぼされ喧嘩をし、結局破局という事になり兼ねません。

全てを受け入れてくれるような相手が見つかるまでは、恋愛は長続きしないでしょう。

 

 

最後に

黒色のオーラを持つ人の特徴と見分け方について、性格や恋愛傾向の観点からオーラ診断・鑑定しました。

人一倍自分の信念を持ち理想や目標に向かって一生懸命になれる人ですが、他の部分に目がいかない事がありイマイチ人間関係を上手く築けません。

 

なので、もう少し人生を良くするためにも相手の気持ちになってみたり周りを良く見ることが大切です。

意識するだけでも、明日からもっと幸せな毎日を送れるはずですよ。

 

 

 

関連記事

PAGE TOP