手相占い「結婚線」の見方【基本の意味とポイントを解説します】 

手相占いで結婚線をみると、あなたの結婚するチャンスの回数や、あなたの結婚に対する考え方、結婚するまでの道のりを占う事が出来ます。

こちらでは手相占い初心者の方にも分かるように、手相占い「結婚線」の見方の基本と、ポイントを交えて解説します。

 

結婚線と言っても人にその意味はあり方によって実にさまざまです。

是非この記事を参考にご自身の手相や、家族、友人、恋人の手相を見てみて下さい。

自分に、相手にどんな結婚線があるのかわかると面白いですよ。

 

 

結婚線とは?

結婚線は、感情線と小指の付け根の間にある横線で、あなたの婚期の時期を表す線です。

下にあるように、感情線の部分をスタートとし20歳と考え、小指の付け根あたりを一番上として50歳と考えます。

結婚線は婚期を表していますが、良く結婚線の本数で「何回結婚するか」が分かると思っている方が多いです。

しかしこれは勘違いで、結婚線が4本あるから4回結婚するのか?というとそうではありません。

結婚線の本数というのは、結婚できるチャンスの回数を表すものなのです。

 

 

結婚線の基本的な見方

結婚線が表している「結婚できるチャンスの回数」は、誰でも簡単に数える事ができます。

感情線側を下、小指の付け根側を上として、下の結婚線からひとり目、ふたり目という流れで数えてみましょう。

 

もし自分の年齢が、刻まれている結婚線の年齢を過ぎている場合は、結婚のチャンスを逃してしまっている証拠です。

全てのチャンスを生かして結婚するのは難しいですが、チャンスを逃すと婚期を逃してしまいます。

 

結婚線が多い人は恋愛の回数も多い

結婚線が多いということは、その分恋愛の回数も多くなることが分かります。

絶対というわけではありませんが、あたりまえですね。

 

別の言い方をすると、結婚線が多い人=モテる人とも言えます。

基本的には平均2~3本なので、4本を超える本数が刻まれている人は、結婚線が多いと言えるでしょう。

この平均を超えている人は、モテている人が多いです。

 

しかし、線が4本以上ある人の結婚線は薄い場合が多いです。

この場合、どの婚期が良いのか分からなくなってしまう事がしばしばあります。

多くチャンスは訪れるものの、どの人と結婚したらいいのか、いつ結婚したらいいのか分からず婚期を逃す可能性があるでしょう。

なので、本数が1本でもくっきりとしている方が、集中できるので結婚が決まりやすいかもしれません。

 

また、1本目で結婚したとして、2本目の結婚線が刻まれている時期が訪れたらどうしたら良いのでしょうか。

このような心配をしている方は多いと思いますが、結婚生活をしっかりと送っていれば特に問題はありません。

ですが、離婚経験のある人の場合は、再婚のチャンスが訪れる暗示でもあります。

 

結婚線がない人は結婚しない傾向にある?

中には、結婚線がない手相の人もいます。

このように結婚線が全くないという人は、結婚自体に興味がない場合が多いです。

結婚に興味がないだけで、まったく結婚が出来ないというわけではありません。

このような人の場合は、結婚に興味を持つようになると出てくるでしょう。

もし、結婚線のない人が結婚するとなったら、「とりあえず結婚していくか」というような結婚になりやすいようです。

また、親にそろそろ結婚しろと急かされていたり、お見合いで結婚する事になったなど、流れで結婚する事になる場合もあります。

 

結婚線がない人の中には、実家を出る為に結婚する人や、老後が不安で結婚するという人もいます。

ここで勘違いしてほしくないのは、結婚線のない人が結婚したからといって、上手くいかないわけではないという事です。

 

男女による結婚線の違い

結婚線が表す運勢は、男女によって違うものなのかどうかというと、基本的には男女による見方や意味の違いはありません。

しかし、男女の傾向として、違いはあるようです。

 

傾向としては、女性の方が年齢域の若いほう(真ん中付近より少し下)に線が多く、男性の場合は年を取ってから(真ん中付近よりも少し上)に結婚線が多く見られます。

これは、今の時代の結婚の在り方を表しているとも言えますね。

 

結婚線が長い人と短い人の長さによる違いは?

結婚線の長さは結婚の質に関係しており、長ければ長いほど質の高い結婚を表していると言えます。

逆に短い場合は、結婚の質はあまり良くないかもしれません。

長さの基準は、大体小指の幅の4分の1くらいが平均的なので、薬指に届いている結婚線は長いほうだと言えます。

 

結婚線が短い人

前述したように、結婚線が短い人は質の低い結婚になる可能性があります。

線が短い場合の手相が表す結婚のチャンスは、あまり良い結婚生活を送る事ができないかもしれません。

ですが、線が短いからと言ってチャンスを逃す事はありません。

このようなチャンスであっても、訪れた恋愛を大切にする事が重要です。

 

結婚線が長い人

結婚線が長い人は、質の高い結婚生活を送れるでしょう。

例えば、結婚線が薬指の下まで伸びているような人がいますが、これはとても珍しい線で「たまのこし線」と言われるものです。

このような長い線を持っている人は、線の名前のようにお金持ちと結婚したり、非常に良縁に恵まれる可能性が高いです。

ただし、確実に幸せな結婚生活が送れるというわけではないので、油断しないようにしましょう。

 

右手と左手の結婚線の違い

右手にある結婚線が意味する事

右手にある結婚線は、あなたが相手とどれだけ結婚したいかを表している線です。

なので、右手に3本結婚線がある場合は、3回結婚のチャンスがある事を表しており、自分が結婚したいなと思う回数が3回訪れるというわけです。

 

手相占いは右手と左手どっちを見るの?【左右の違いと正しい見方】の記事で解説したように、右手の手相は現在・表の顔を表しています。

なので、基本的には右手に現れる結婚線の方が、左手に現れる結婚線よりも強い意味を持っています。

右手は、自分から結婚したいという意志力を強く表しているので、結婚が成就しやすいのです。

 

左手にある結婚線が意味する事

 

左手にある結婚線は、相手があなたと結婚したいと思っているかを表しています。

なので、左手に2本結婚線がある場合は、2回の結婚チャンスがあり、相手から結婚したいと思われる回数が2回あるという事を意味します。

ですので右手よりも左手の結婚線が多い人はいわゆるモテる人という事になりますね。

 

相手に思われる結婚線なので、結婚に繋がるまでの力は右手ほどではないでしょう。

しかし、左手の結婚線を見て結婚をやめるという事ではなく、求婚されたとしてもあなたが良いと思っていなければ、上手くいかない問う事です。

 

両手を合わせて結婚線を見てみると?

小指の付け根を左右で合わせてみて、両手の結婚線を見てみて下さい。

すると、面白いことが分かります。

このように左右の結婚線の位置を見比べてみると、なんだか同じ場所に結婚線があるという箇所がありませんか?

 

この場合は、相手も自分も同じタイミングで「結婚したい」と思っている証拠なので、最も理想的な結婚の機会があるでしょう。

また、2人が同時に結婚したいという気持ちを持っているので、トラブルもなく結婚までの一連の流れはスムーズにいきます。

しかし、結婚してからその先はまた別の話なので、両思いで結婚したものの相性が良いかどうかは分からないでしょう。

 

結婚線の濃い・薄いが意味する事

手相占いでは、線濃さはエネルギーの強さを意味しているものです。

なので、結婚線が濃い・薄い場合は、結婚の確度を表していると言えるでしょう。

確度というのは、結婚が決まりやすいかどうかの事です。

 

線が濃く刻まれていればいるほど、結婚に至るまでの障害がなく、2人が結ばれる可能性は高いと言えます。

結婚線が最大まで濃くなるとピンク色になり、これは本当にピンクの線が刻まれているわけではないのですが、赤みがかってピンク色に見える事があります。

このような結婚線が見られる場合は、結婚運がかなり強くなっている事を暗示しています。

なので、よっぽどのことがない限りは、パートナーと結ばれるはずです。

 

逆に、結婚線が薄い場合は、結婚の確率は低いと言えます。

しかしそこで落胆する事はなく、結婚線は変わりやすい線なので、今薄くても濃くなる可能性もあります。

 

結婚線が上向き・下向きの手相が意味する事

結婚線が上向き

結婚線が上向きの手相は、結婚によって運勢が上昇していく事を意味しています。

芸能人の中でも、お笑い芸人の爆笑問題の太田光さんは、この手相をもっているそうです。

太田さんは一度芸能界から干されていますが、その後奥さんである太田光代さんが芸能事務所を立ち上げ、今では人気者として復活していますね。

これはまさに、結婚したことによって運気が上昇した分かりやすい例でしょう。

 

結婚線が下向き

結婚線が下向きの手相は、結婚相手への感情が下がっている事を表しています。

これは多少下がってしまう分には仕方がないことで、どんな人でも結婚10年目になると落ち着いてきてしまうものです。

ただし、結婚線が下がりすぎて感情線まで下がってしまっている場合は、最悪の場合離婚する可能性があるでしょう。

また、結婚線が感情線を越えている場合は、相手に抱く感情がかなり薄まっており、心が離れている事を表しています。

 

結婚線が途中で切れている手相が意味する事

結婚線が途中で切れている手相は、「不倫」や「浮気」などを自分がしやすい状態にある事を意味しています。

普通に結婚線が複数あるわけではなく、線が伸びていった先端で途切れていたり、上か下に重なるようにして再び線が出てきているような手相です。

こういった手相を持っている人は、不倫や浮気などの誘惑が周りにあったり、自分からそういう関係に飛び込んでいきやすい状態にあるので、意識的になって注意しましょう。

 

結婚線が二股・三股に枝分かれしている手相が意味する事

結婚線が二股・三股に枝分かれしていると聞くと、なにか悪い手相のようなイメージがありますが、これは現在の結婚生活を表しているものです。

枝分かれているので、いかにも別れを暗示しているかのような線に感じますが、確かにあまり良い線ではありません。

この手相は、2人間に距離が出来ている事を表していますが、必ずしも悪い手相というわけでもないので安心してください。

 

なぜかというと、二股に少しだけ枝分かれしているような手相であれば、2人の間に多少の距離があったほうがいいと言えるからです。

なのでこの場合は、夫婦がそれぞれお互いに好きな事をやっていたほうが上手くいくでしょう。

 

また、夫婦共働きで生活リズムが合わずに顔を合わせる回数が少なくなっていたり、単身赴任で会えない状態を表している場合もあります。

ですのでこの手相が見られる場合は、お互い深く干渉しないほうが上手くいきます。

夫婦として適度な距離を保ちながら、時々二人で何かをするなどが理想的な関わり方です。

 

ただし、やりすぎて二人の距離が離れてしまいすぎないように注意しましょう。

2人でお互いの事をやっているうちに、だんだんと関心がなくなってきてしまう可能性もあります。

そうなると二股に分かれた結婚線がさらに距離が離れていってしまうので、別れを迎えてしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

 

このように、距離があったほうが上手くいく二股の結婚線がある場合は、距離が離れすぎないように意識しながらお互いの時間を尊重すると良いでしょう。

 

結婚線に「島」「ひし形」がある手相が意味する事

結婚線に刻まれている「島」や「ひし形」の手相にはそれぞれ意味があります。

この2つは形状は似ていますが、どちらもあまり良い手相ではありません。

結婚線上にこうした線が出ている場合は、2人の間にトラブルや壁が出来てしまう可能性がある事を表しています。

つまり、結婚するにあたっての障害があるという事を暗示しているのです。

親の反対や仕事の関係など、さまざま要因が考えられるでしょう。

この結婚線が「島」や「ひし形」で終わることなく、その先まで伸びている事もあります。

その場合は、大変な事はあるものの、夫婦二人でその障壁を乗り越えていける事を表しています。

逆に、「島」や「ひし形」で結婚線が終わっている場合は、トラブル等が起こった際にそこで終わってしまう可能性が高いでしょう。

 

結婚線にトライアングル(三角紋)がある手相が意味する事

結婚線に三角△の印が接している

結婚線にトライアングルがくっついているような手相は、良い手相です。

接している場所は結婚線のどの位置でも構いませんが、結婚線上に重ならない事が条件となります。

この手相がある場合は、結婚に関する事やパートナーに関する事で、何か良い出来事が起こる事を暗示しています。

特に、くっきりと赤身を帯びたトライアングルが見られる場合は、結婚運は良好と言えるでしょう。

 

薄い線であっても、今までなかった場所にトライアングルが現れた場合は、予想外の出来事が起こる可能性があります。

独身の人の場合は、運命の相手が突然現れたりするので、出会いを逃さないように日頃から恋愛に積極的になりましょう。

 

結婚線上に三角△が重なっている

結婚線上にトライアングルが重なっている場合は、障害線とみなされます。

これは結婚やパートナーの事で悩むことを暗示している不吉な線です。

ごたごたと喧嘩になってしまったり、ご縁がまとまらない等、あまり良い結婚運とは言えないでしょう。

 

結婚線から自分らしい結婚の形を見つける

結婚線はあなたの人生の大きな分岐点となる、大切な線です。

今では様々な結婚の形がありますが、今の時代だからこそ他人の価値観ではなく自分の価値観を大切にし、パートナーを選ぶ事が重要です。

 

そんな中でも、自分の手相と向き合って、いつ結婚するのがベストなのか、どんな結婚が向いているのか、結婚に至るまでの道のりや、運命の相手にいつ出会えるのかなどを知っていれば、あなたの結婚の大きな力となるはずです。

 

最後に

手相占い「結婚線」の見方を、基本の意味とポイントを交えて解説しました。

結婚線と言っても、その在り方でさまざまな意味をもっていましたね。

また、左右によっても結婚線は意味が違うので、考慮して占うようにしましょう。

 

もし今あまりよくない結婚線があったとしても、自分の意識次第で変えることが出来るので、日頃から気を付けるようにして良い未来を築きましょう。

また、パートナーの結婚線も見てみる事で、相性や結婚のベストな時期がより分かるかもしれません。

 

 

是非、ご自身の結婚線だけでなく、家族や友人、恋人の結婚線も占ってみて下さい。

また、結婚線は基本7大線の1つで、他の6つの線も重要な未来や素質を表しているので、手相占いの見方【基本7大線の占い方とポイント】を参考に見てみると面白いですよ。

 

関連記事

PAGE TOP