【大アルカナ0番】愚者(TheFool)の基本的な意味と正位置・逆位置

タロットカードの大アルカナの0番である、「愚者(TheFool)」の基本的な意味と正位置・逆位置について解説します。

是非タロットカード占いをするときの参考にしてください。

 

関連:【大アルカナ18番】月(The Moon)の基本的な意味と正位置・逆位置

 

【大アルカナ0番】愚者(TheFool)の基本的な意味

愚者(TheFool)のカード番号「0」ですが、この番号が与えられているのは「黄金の夜明け団」系のウエイト版のデッキが多く、「伝統的なマルセイユ版」のデッキには番号が書かれていないものが多いです。

 

この「愚者(TheFool)」は番号を持たない(伝統的なマルセイユ版では)カードであることや「愚者」の単語から連想される象徴の意味や22枚ある「大アルカナ」の中では唯一移動している人物が書かれている、ということで「特別視」されているカードでもあります。

 

「愚者(TheFool)」が移動している姿で描かれているのは、カードを順番に沿って渡り歩く、または「何かの目的を持った旅人」と解釈する説と、他のカードを意識せずに渡り歩く「自由気ままで無計画な放浪者」と解釈する説の二通りの説が存在しています。

今ではこの二つの説を両立させて解釈するのが、一般的になっています。

そして諸説ありますが、トランプのジョーカーの原型のカードとも言われています。

 

 

このカードに描かれているのは一人の男性と一匹の犬です。

男性の背後には、無限の力を象徴する太陽があり、周囲を明るく照らしています。

男性の左手には、純真無垢の象徴である「白いバラ」があります。

男性は、空を見上げ足取り軽く楽しそうに踏み出す姿が描かれていますが、その足元には危険な崖があります。

そばにいる犬は男性に危険を教えていますが、男性はそんな犬に気づいていません。

男性が空を見上げているのは、まだ見ぬ世界や未来を思い描きロマンを追い求め、心から旅立ちを楽しんでいるからでしょう。

男性を前に進ませているものは、未来の繁栄やこれからの豊かな生活ではなく「今の自由」の喜びだけです。

過去にも未来にもつながっていない「今の自由」の瞬間を生きています。

カードの絵の通り、愚者のタロットカードは「新たな始まり・自由」を暗示するカードで、柔軟さや変化・これからへの期待の意味があります。

現状に満足できず、変化を求める前向きな気持ちや期待を意味しています。

新鮮さや楽しみを探して気持ちが浮いているような状態です。

全体的に、好奇心旺盛で足取りは軽く、刺激を求めるという楽観的な面はとても明るい意味合いになります。

 

その反面「足元の崖が見えていない」という面もあり、無知・いい加減・無計画・わがままなど責任感に欠けるマイナスな面も読み取れます。

 

前向きでいることは大切なことですが、前ばかりを見て後のことを考えていないと、後々それがとんでもないことになってしまいます。

 

愚者のカードは「良くも悪くも自由の意味と代償」を教えてくれるカードと言えます。

 

 

正位置の愚者(TheFool)の意味

タロット占いのカードで正位置の愚者と逆位置の愚者では、正位置の意味を踏まえた意味が逆位置の意味になっています。

 

まず正位置の場合、自由や無邪気・純粋・無限の可能性など、前向きな気持ちや直観力で判断することで道が開けるという意味があります。

変化や刺激を求め、現在の状況に取り入れる事が成功と発展につながることを意味しています。

 

そしてカードに描かれている「少ない荷物で旅立つ姿」は、楽観的な気持ちで新しい世界に進むことを意味しています。

 

思い切って視野を広げてみると、意外なところに思わぬ発見があるかもしれません。

気持ちがおもむくままに進めば、明るく前向きな変化が訪れ「将来への無限の可能性を秘めている」ということを表したカードです。

 

 

逆位置の愚者(TheFool)の意味

タロット占いのカードで愚者の逆位置の場合、幻滅・失敗・気まぐれ・無責任・無謀と自分に自信を無くしてしまうことや、責任能力が低く成功に至る発展が得られにくい・落ち着いて考える事が出来ず悲観的な気持ちになり状況を悪くしてしまうことなどを意味しています。

 

心に余裕が持てず視野が狭まれ、成功への気持ちから焦りが生まれ、無謀な計画や行動を起こそうとして、自分で可能性を狭めていることもあります。

計画性の無さや未熟さで、後先考えずに逃げ出してしまうなど、その場限りの行動に出てしまうこともあります。

勢いまかせの不安定な状態からの行動には特に注意が必要です。

 

計画の未熟さが願いを叶える足かせになってしまいます。

自己中心的でわがままにならぬように、冷静に現状と計画を見直すことが必要になってきます。

 

目の前の状況をしっかりと理解して、冷静に周囲を観察することが大切です。

周囲からのアドバイスを素直に取り入れ、計画の見直しをはかりましょう。

 

 

正位置の愚者(TheFool)の恋愛運

恋愛運についてタロット占いで占った際に正位置の愚者が出た場合は、「束縛されない自由気ままな恋愛」や「冒険」などを意味しています。

 

無邪気で自由な恋愛を楽しみたい時には、とても良いタイミングです。

可能性に満ちた恋ですから、行動を起こすことがポイントになってきます。

個性的な恋人ができる暗示でもあります。

 

ただ、本気で向き合う事からはほど遠く、将来のイメージがあまりできていない未知の状況でもあります。

将来性に期待がなかなか持てない「無計画な恋愛」になりがちです。

 

「冒険」は、これからどうなるかわからない未知のものです。

将来的なことを考えても無駄になりがちですが、未知の方向へ新しい変化が起こることもあるので、そのための準備はしておきましょう。

未来のことを本気で考える時期が来るまで待つことも大切です。

 

自分を信じて「賢明な選択」をしなければならない時期がきます。

 

結婚の場合も、「未来に進むための手段」として良い意味にとらえがちですが、自由過ぎて無責任という意味合いもあります。

結婚は社会的な責任を負うものですが、その責任にとらわれず自由な結婚生活を楽しみます。

未来の夢を叶えるための手段として結婚することを前向きにとらえています。

そのため、あまり型にはまらず自分たちにとっての心地よさを追求して、納得して暮らしていけます。

 

 

逆位置の愚者(TheFool)の恋愛運

恋愛運についてタロット占いで占った際に逆位置の愚者が出た場合は、「無責任で不安定」・「中途半端」という意味があります。

熱しやすく冷めやすいという傾向もあります。

恋愛をゲームとして楽しむような面もあるので、報われない・なかなか幸せになれないという意味もあります。

お互いに責任感が薄かったり、真剣に向き合ってなかったりと不安定な状態かもしれません。

その場限りの言動をしている可能性もあり、無責任で信用できない相手ととられることも多いです。

将来的に不確実なので中途半端な「自然消滅」の恋愛にもなりがちです。

 

思いやりに欠けた行動や無謀な行動はマイナスなイメージになり、結果的に良くないことになります。

と言って、焦る気持ちで考えなしの軽率な行動は失敗に終わります。

焦らずに「相手に対する気持ち」を、紙などに書きだして冷静に自分の心に聞いてみましょう。

 

ただし結婚の場合は「安定」を示しています。

愚者の正位置は「空を見上げて歩いて」いますが、逆位置では歩みが止まることを示しています。

愚者の自由な行動がなくなり落ち着いていくので、結婚に対しては「地に足がついていなかったことを自覚する」という意味があります。

 

 

正位置の愚者(TheFool)の仕事運

仕事運についてタロット占いで占った際に正位置の愚者が出た場合は、「新しいことを始めたい」という気持ちが高まっている状態です。

 

「無限の可能性」や「自由」の意味もあるので、自由に働ける環境が向いています。

いつでも気軽に動ける職場が理想的ですが、独立やフリーになることも考えるかもしれません。

特に芸術面や発明などで独創的なアイデアを発揮して、感性や趣味を仕事に生かすことができる可能性があります。

 

利益にはつながらないかもしれませんが、ボランティアが出会いの縁となり何か新しいことを始められるかもしれません。

 

しばらくは不安定になるかもしれませんが、思い切って行動することも良いかもしれません。

前向きな意味を持っているカードですが将来の保証はないので、その点を注意して計画をしっかり立ててください。

 

逆位置の愚者(TheFool)の仕事運

仕事運についてタロット占いで占った際に逆位置の愚者が出た場合は、自由な気質が悪い方向に表れてしまうかもしれません。

自分の行いのせいで失敗してしまうことを暗示しています。

 

「簡単に考えすぎて思いつきで動いたり」などと軽はずみで無責任な行動が、今までの努力を無くすことになる可能性があります。

 

注意力散漫になりすぐに飽きてしまい「無責任な人」と思われないように注意してください。

 

思いつきの行動や後ろ向きな考えで転職を繰り返してしまい、経済的にも精神的にもつらい思いをすることになる可能性もあります。

 

今、責任ある立場なら冒険はせずに堅実に責任感を持って仕事を進めたほうがいいです。

先のことをよく考えて行動することを習慣にしましょう。

 

 

正位置の愚者(TheFool)の金運

金運についてタロット占いで占った際に正位置の愚者が出た場合は、臨時収入や予期せぬ出来事でラッキーがおこります。

ですが貯蓄運はあまりなく、ラッキーなことが起こっても持続することはありません。

 

長い安定を求めるならば、計画性が必要になってきます。

夢見がちなところもあるので、投資などに使ってしまうこともあるかもしれません。

 

ですが、新しい貯蓄法や運用方法の計画をたてるのは良いことです。

しっかり計画を立て管理していきましょう。

 

逆位置の愚者(TheFool)の金運

金運についてタロット占いで占った際に逆位置の愚者が出た場合は、お金で失敗するかもしれない可能性があります。

財布を落としてしまったりや、ギャンブルや投資の失敗に注意しましょう。

騙されてお金を失ってしまう可能性もありますので、お金のことは常に誰かに相談するようにして、自分だけで判断しないように心がけましょう。

 

後先を考えずに使ってしまいがちですが、少しずつお金に対する考えが変わってきます。

自分の今までのお金の使い方が「無駄遣い」だと気づいたら、堅実な行動ができるようになります。

衝動的な買い物は控えた方が無難です。

増やしたりや散財する時ではないので、なりゆきに任せず管理はきちんとしましょう。

 

 

最後に

タロットカードの大アルカナの0番のカード「愚者(TheFool)」の基本的な意味と正位置・逆位置について解説しました。

 

この「愚者」のカードは、正位置の意味を踏まえた意味を逆位置の意味としている面白いカードです。

自由を表すカードですが、「自由」とはとても幅広い意味を持っています。

忙しい時に求める「自由」と、何もすることが無くて手持無沙汰の時の「自由」は、意味合いが変わってきます。

 

愚者のカードの正位置は、希望など「新しい始まり」を表していますが、逆位置では「計画性のなさ・未熟」を表しています。

 

新しいことを始めるときは、前のめりにならぬよう計画をしっかり立てましょうとカードは教えてくれます。

 

何事もしっかり計画を立てて物事を進めて幸せへの道を進んでいきましょう。

 

関連:【大アルカナ19番】太陽(The Sun)の基本的な意味と正位置・逆位置

関連記事

カテゴリ別人気記事一覧

PAGE TOP