【大アルカナ9番】隠者(The Hermit)の基本的な意味と正位置・逆位置

タロットカードは78枚で1組となったものが一般的で、56枚の小アルカナ(剣、硬貨、棒、聖杯、各14枚)と、22枚の大アルカナ(魔術師、皇帝、死神、世界など)に分けられます。

日本では大アルカナの方が一般的で、タロットカードと言うと大アルカナのみを指す場合が多いです。

今回は大アルカナ9番 隠者(The Hermit)のカードを詳しく見ていきたいと思います。

 

関連:【大アルカナ15番】悪魔(devil)基本的な意味・正位置・逆位置

 

大アルカナ9番 隠者(The Hermit)の基本的な意味

「隠者」とは世を捨て、ひっそりと隠居生活を送っている人のことを言います。

このカードが出たあなたは、都会や生活の喧騒から離れ、静かな空間と孤独な環境で心の内をじっくりと探求したいと願っていると読み取れます。

すぐに行動を起こすのではなく、じっくりと物事の核心を捉えるべきだと教えてくれています。

キーワードは「思慮」「孤高」「真実」「道標」「灯台下暗し」「経験則」で、

  • 慎重で綿密
  • じっくりと時間を取って考える
  • 客観的に見る
  • 自問自答する
  • 孤独になる
  • 静寂

などを好みます。

 

また、隠者のカードには導き手を表す場合もあります。

あなたの迷いを晴らし、正しい道へと導いてくれる存在はあなた自身だけだということを伝えてくれているのです。

数字の持つ意味

多くの古代文明では特別な意味と巨大な力が数字に宿っていると信じられていました。

タロット占いでも例外ではありません。

数字が持つ意味はカードの解釈にも大きな影響を与えています。

今回は隠者のカードの持つ「9」の数字の意味を探って行きましょう。

 

「9」の数字は「周期の終わりと新しい周期の始まり」だったり「熟成と浄化」や「慈しみ」などと言った意味を持っています。

「9」という数字は創造性を意味する「3」を3つ集めたもので、エネルギーが最高潮に高められた状態を表します。

1から9までの単数の最後である9は、全ての数字を含む完成形の数字です。

創造の完成に向けて強いエネルギーを持っていると読み取れます。

そして完成の後には全てのものを手放し、また新しい一歩を踏み出していく力を持っているのです。

 

「9」は同情と慈しみの違いを教えてくれる数字でもあります。

同情とは相手に自分の全てを捧げますが、慈しみは相手と距離を置いて相手のことを見ている状態です。

自分自身への信頼があるからこそ、自分を変えることなく相手と関わることができるのです。

相手に感情移入しすぎたり、情熱的になりすぎて自分を見失ってしまう・・・。

相手に振り回されることなく救いの手を差し伸べることが出来る。

そんな力が数字の「9」にはあり、隠者のカードの解釈にも大きく関わっています。

 

絵柄の意味

隠者のカードにはマントに身を包んだ老人が山頂に立っており、右手にランプ、左手に杖を持っている絵柄が描かれています。

山頂に立つことは、「到達点」「終点」など、行き着くところまで来たことを意味します。

登る切るまでに沢山の経験を積んだ老人は、高見から下界を見下ろし、下界へ正しい道を示している象徴でもあるのです。

 

老人の長く蓄えた髭は、長旅の末にここまで到達したことを表しています。

険しい道のりを歩くのに、ランプと杖はとても役に立ったことでしょう。

 

左手に持っているランプは真理を照らすものであり、六芒星の形に光る灯りは心理と正しさを意味します。

タロットの世界で左といえば過去や人の内面を表しています。

右手に持っている杖は険しい道でも進んでいくための手助けを意味し、右は未来を表しています。

ランプと杖は長旅の道中であなたが得た実績と成長の象徴です。

 

老人はランプで何を照らしているのか?

下界から山頂を見上げているあなた自身、山を登り切る前の過去のあなたを照らしてあげています。

この光を頼りにここまでおいでと「正しい道のり」を教えて導こうとしているのです。

 

 

大アルカナ 隠者の正位置

今は表面的な事象よりも、物事の根底にあるものを探ることが必要な時です。

1人で静かな時間を持って、自分自身と向き合い内面をじっくりと探って見ましょう。

あなたが心の底から望んでいる答えは、あなた自身で探り当てるしかないのです。

周囲に合わせることや嘘や妥協は必要ありません。

答えに向かって一歩ずつ進んで行きましょう。

真っ暗で足元が見えず、不安になっているかもしれませんが、あなたが通ろうとしている道のりは、通っていてよかったと後で必ず思う日がくるはずです。

 

隠者 正位置の恋愛運

このカードが出た場合、あなたは時間をかけて相手と関係を深めていくことを示唆しています。

とても純愛で一途な想いを持っており、一生の関係を築くことができます。

精神的な愛情を重視しており、暖かで満たされるような愛を育んでいき、魂の伴侶のように感じることができるはずです。

 

また、今は恋愛に興味が持てず、相手がいなかったり独身だったりする人も、高齢での出会いと結婚が訪れることを示唆しています。

外見よりも内面を重視した、プラトニックな愛があなたを包んでくれます。

 

相手の気持ちを占って隠者の正位置が出た場合は、相手は自分の考えに囚われており、周囲の声が聞こえないところにいることを示しています。

あなたとの関係性やこれからどうして行きたいのかにじっくりと考えたい様子です。

まだ考えている最中で、気持ちが固まっていない時期なので、あなたが相手のリアクションを求めて行動に移しても反応は非常に薄いです。

それどころか、答えを出すことを急かされているように感じ、邪険に扱われてしまうかも知れません。

タイミングが合わず、関係性が進展しないことが予想されます。

今は相手の考えがまとまるまでそっとしておいてあげるのが良いでしょう。

焦らず、優しく見守ってあげましょう。

隠者 正位置の仕事運

結論を急がず、慎重に地道な努力を重ねていく時です。

周囲の評価に左右されず、没頭してのめり込むことで直感が冴え良い方向へと向かいます。

行き届いた配慮ができるようになり、部下を導いていくことができるでしょう。

 

また、引退や退職にも追い風が向きあなたの本当に就きたい仕事にも出会えるはずです。

このカードが出たあなたには、知識が必要な仕事や物事を探求する研究者、精神的な指導者などが向いています。

独立や起業も良いでしょう。

隠者 正位置の金運

金銭欲や物欲は抑え、慎重になる時です。

必要以上に華美な服装や空間はあなたの運気を下げてしまうので、遠ざける必要があるでしょう。

貯金をするにはあなたに節約の強い意志がある事が重要です。

人の為になることや、あなたの未来になることにお金を使うと運が回ってくるでしょう。

大アルカナ 隠者の逆位置

このカードが逆位置で出た場合、あなたの未熟性に警鐘を鳴らしていることを意味します。

内にある自分自身の声を無視し、現実を知ることをせず真理を学ぶことを避けているのです。

自分自身の真実の姿から目を逸らし、気付かないふりをしている状態です。

なぜ正しい答えを無視しているのか、何を知りたくないと思っているのか、そこから探っていく必要があります。

恐れに打ち勝ち、自分が本当に求めているものがあることを受け入れる、問題の核心へと向かっていくべきです。

真剣な答えを望むなら、自分自身で手繰り寄せようという意識を持ち続けることが大切です。

 

落ち着いて周囲を見渡せば正しい道への光は見えています。

あなたの持っている実績と経験を生かし、光に向かって飛び込む勇気を持つことが大事です。

周囲からの不必要な声には耳を貸さず、自信を持って自分だけの道を歩み続けましょう。

隠者 逆位置の恋愛運

殻に閉じこもり、神経質になりすぎている状態だと読み取れます。

真面目すぎてつまらなく感じられたり、慎重すぎて優柔不断に取られているかも知れません。

心の底から相手を信じることができず、考えすぎてしまい、同じところをぐるぐると回っているように感じているでしょう。

 

また、相手を軽視する傾向にあり、秘密を抱えていたり、軽はずみで不誠実な行動が多くなっています。

コンプレックスを抱えている場合も多く、消極的な考えに囚われてしまっているようです。

禁欲的になりすぎたていたり、本心を無視してしまっています。

今ある選択肢だけでの解決はとても難しく、新しい風を吹かせる必要があります。

自分自身の心の声をしっかりと受け取り、道を切り開いていく覚悟を持って行動すると良いでしょう。

 

相手の気持ちを占って隠者の逆位置が出た場合は、相手は独りよがりでネガティブな考えに凝り固まってしまっています。

心に余裕が無いため、他人からの助言やアドバイスを受け入れる事ができず、周囲とも距離を取って行動しています。

他人を寄せ付けず、1人で考える事が止まらなくなってしまっており、負のスパイラルにハマってしまっている状態です。

偏見や勝手な思い込みに振り回され、あなたに対しても攻撃的に接してくることも。

喧嘩が絶えず、ピリピリと張り詰めた状態が続いてしまうかもしれません。

今は相手が落ち着くまでそっとしておいてあげるのが良いでしょう。

相手は1人になってとことん考え込みたい時なのです。

冷静さや落ち着きがなくなっていますが、時間が経てばいつもの自分を取り戻し、あなたに対しても真摯に向き合ってくれるようになるでしょう。

隠者 逆位置の仕事運

理想に縛られ、現実の社会生活に溶け込むことが難しい状態です。

分析力が足らず、他者を見下してしまったり、上司に反発することも少なくないようです。

細部にこだわり過ぎるあまり、アドバイスを拒否したり、気持ちの切り替えがなかなか上手くできていません。

狭い考え方で判断してしまい、折角のチャンスにも踏み切れずに機会を逃してしまうことも。

地道で確実な調査や検討を行った上で答えを出す必要があります。

現状のままではうまくいくことは少ないでしょう。

隠者 逆位置の金運

計画性がなく、趣味への出費がかさんでしまったり、賭け事で大きく負けてしまう恐れがあります。

慎重さに欠けて、自分のお金を他人に消費されてしまうことも。

大きなお金を扱う際には、やり過ぎだと感じてしまうぐらい注意が必要です。

 

関連:【大アルカナ15番】悪魔(devil)基本的な意味・正位置・逆位置

 

まとめ

今回は大アルカナ9番 隠者(The Hermit)について詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか?

厳しい忠告も多かったようにも思えますが、心の底から願う自分の気持ちに気づいてあげることが一番大切なことだとも教えてくれていました。

仕事や恋愛を進める中で、気持ちに嘘を付いてしまったり、自分で自分を誤魔化して蔑ろにしてしまう場面も多いはず。

そのおかげで物事がスムーズに動くこともありますが、無理をし続けていては自分で自分がわからなくなってしまいます。

このカードを引いたあなたは、今がまさにその時なのでしょう。

本当にやりたいことができているか、正しい道へと進んでいるか、一度足を止めてじっくりと考える時がきたのです。

心の声を頼りに、本来の自分を取り戻し、輝かしい未来へ歩んで行ってください。

きっと道は開かれるはずです!

 

関連:【大アルカナ10番】運命の輪(Wheel of Fortune)の基本的な意味と正位置・逆位置

関連記事

カテゴリ別人気記事一覧

PAGE TOP